太陽光発電下の明日葉栽培:南九州明日葉ファーム分譲販売

土地の二重活用で栄養価の高い明日葉栽培に加え売電収入。1区画2500万円にて分譲販売

太陽光発電の売電による収益

売電による利益(20年間でお客様約2000万円の利益)
 3区画各7%程の利回りを想定(年間約225万円の売電収入)
コスト2500万円に対し、売電収入20年間で約5000万円
国との20年契約で安定した売電収入を確保

明日葉ファームによる収益

高機能野菜 明日葉収穫20年間の販売収入1~10%
明日葉の収入は経費を除きお客様と弊社で折半する仕組
明日葉の生産と販売は弊社で行うので事業負担は実質ゼロ
明日葉生産で仮に損失が発生してもお客様負担はございません

太陽光パネルを高くし、その下で明日葉を生産。

土地の有効活用による農業事業の経営と太陽光発電

売電収入 3区画各7%程の利回りを想定(年間約225万円)

高機能野菜 明日葉収穫20年間の販売収入1~10%


販売価格及び太陽光発電による売電利益


太陽光発電を利用した明日葉ファーム(鹿児島県南九州市)を1区画2500万円にて3区画販売を開始

太陽光発電と植物工場を手掛ける、株式会社サンパワー(所在地:〒564-0051大阪府吹田市豊津町9-1パシフィッ クマークス江坂3F、代表取締役:山本昭彦)は、太陽光発電を利用した明日葉ファーム(鹿児島県南九州市) 2017年12月20日(但し明日葉の種植は来春予定)より1区画2500万円にて3区画販売を開始いたします。 太陽光発電の下で栄養価の高い明日葉の種を植え実験を考えています。土地の二重活用で栄養価の高い明日葉栽 培に加え売電収入、安定生産可能なので健全な経営 、また「環境」「医療「食(農業)」の課題に貢献できるものと考えております。

タイプ 太陽光発電明日葉ファーム
場所 鹿児島南九州市(詳細の場所はこちら)
販売価格 一区画2500万円(弊社より融資の銀行の紹介もさせていただけます)
売電価格 1kw38.88円(税込み)
売電利益 シュミレーション値225万円×20年=4500万円(実際値5000万円)
募集 3区画  京セラ製
商品内容
  • ・全体面積890平米~1222平米
  • ・太陽光パネル270Wモデル×200枚
  • ・京セラ太陽光発電システム54.00kw
  • ・明日葉の生産、販売はサンパワー(経費を除いた利益の50%)
  • ・明日葉の生産と販売ルート付
鹿児島県南九州市について
  • ・南九州市の売電価格は1kw38.88円(税込み)。※売電価格は契約時に確定、以後20年間減少する事はありません。
  • ・現地で採れた明日葉は将来弊社の植物工場とセットされ年中収穫を目指します。
  • ・弊社京都木津川の植物工場(完全密閉型:LEDと水耕栽培)にて大学との共同研究で、健康に寄与する薬の役割をもつ年中収穫可能な明日葉の生産を目指しています。
明日葉の特徴 明日葉は日本固有のセリ科の多年草です。 鹿児島県南九州市は、年間の降雨量が多く、火山灰の土壌が明日葉の生育に適しています。 明日葉は春先から初夏にかけては繁殖力がめざましく、この時期に収穫した明日葉の新芽は栄養価も味も高いといえます。(将来弊社では年中収穫可能な明日葉を目指します。) 明日葉は、理想の生育環境の中、養分をたっぷり吸収し、カルコン誘導体やビタミンやミネラルを多く含みます。

Trust in a team that's with you all the way

太陽光発電の売電による収益

土地の二重活用で栄養価の高い明日葉栽培に加え売電収入


シュミレーション値225万円×20年=4500万円
(実際値5000万円)

太陽光発電の売電による収益

売電による利益
(20年間でお客様約2000万円の利益)

3区画各7%程の利回りを想定
(年間約225万円の売電収入)

太陽光発電のコスト2500万円に対し、売電収入20年間で約5000万円

国との20年契約で安定した売電収入を確保

20年経過後の追加収入

20年経過後5年は土地の契約がありますのでメンテナンスしてパネルが使える為、5年間で500万~1000万円の収入が追加で見込まれます。

ただし売買全額の一割が土地代その他で実質約4500万円となります。(明日葉の販売収入別)

土地代は25年の地上権設定。20年目以降25年目まではメンテナンス後 託送契約で電気の小売りを考えています。

Trust in a team that's with you all the way

明日葉ファームによる収益

太陽光発電の下で栄養価の高い明日葉栽培に加え売電収入


高機能野菜 明日葉収穫20年間の販売収入1~10%

・高機能野菜 明日葉収穫20年間の販売収入1~10%
・明日葉の収入は経費を除きお客様と弊社で折半
・明日葉の生産と販売は弊社で行うので事業負担は実質ゼロ
・明日葉生産で仮に損失が発生してもお客様負担はございません

明日葉の収入は経費を除きお客様と弊社で折半する仕組

・食材の高機能野菜化
・安定した食材の確保と食材費の軽減
・店舗に植物工場が不要
・店舗での高機能野菜の販売

「環境」「医療」「食(農業)」の課題に貢献

弊社京都木津川植物工場で大学との共同研究事業を実施中
太陽光発電の売電と農業経営及び将来の医療問題を考え、新規事業を考えておられる方向けに1区画単位で分譲販売いたします。

明日葉の効果


Member Image

抗酸化作用

Member Image

皮膚、粘膜の健康維持

Member Image

降圧効果

Member Image

脂肪燃焼、肥満防止、便秘改善

Trust in a team that's with you all the way

鹿児島南九州市について

Trust in a team that's with you all the way

鹿児島南九州市について

鹿児島南九州市の売電価格は1kw38.88円(税込み)

※売電価格は契約時に確定、以後20年間減少する事はありません。

南九州市(みなみきゅうしゅうし)は、鹿児島県薩摩半島の南部にある市である。 薩摩半島の南部に位置し、鹿児島市の市街地から約30km南西に位置する。南は東シナ海に面している。 市名の読み仮名は9文字で、日本最長である。茶の生産量が全国の市町村単位では日本一である。

(1)南九州市の売電価格は1kw38.88円(税込み)。
※売電価格は契約時に確定、以後20年間減少する事はありません。
(2)現地で採れた明日葉は将来弊社の植物工場とセットされ年中収穫を目指します。
弊社京都木津川の植物工場(完全密閉型:LEDと水耕栽培)にて大学との共同研究で、健康に寄与する薬の役割をもつ年中収穫可能な明日葉の生産を目指しています。

京都府の南端に位置し、市名の由来となった木津川が流れる。 市域西部で湾曲する木津川に沿って形成された平野部とその縁をなすなだらかな丘陵、および北側、南東側の山地からなる。また、加茂地区東部に笠置町の飛び地が点在している。

・抗酸化作用
・皮膚、粘膜の健康維持
・脂肪燃焼、肥満防止、便秘改善
・降圧効果
・アルツハイマー型認知症の予防


最後にサンパワーより皆様へ


弊社事業の明日葉ファームは地球規模の課題である「環境」「医療」「食(農業)」の三つの需要に貢献できます。太陽光発電による再生可能エネルギーの生産は地球温暖化抑制で「環境」に寄与。植物工場での健康に良い薬の役割を持つ明日葉の大学機関との共同研究は「医療」費の高騰抑制や未病に寄与。農地の活用は、地球温暖化による熱波の影響で地球砂漠化がもたらす食糧危機に対して「食」の提供、また太陽光による安定した売電収入と高機能野菜明日葉の栽培は「農業」従事者人口の減少にも寄与いたします。これらの想いを共有できる皆様と共同事業が出来ればと考えております。

特記事項について

  • ・九州電力への協力負担金及び工事負担金は別途必要となります。(大迫764 394,838円。宇都1355,1357 1,701,104円です)
  • ・ゲートウエイボックスの通信費は10年分のみ含んでおります。以降の通信費につきましては金額未定です。
  • ・メンテナンス費用は含まれておりません。
  • ・計測監視装置、防犯システムなどの費用は含まれておりません。
  • ・本見積に無き事項については別途必要となります。
  • ・本見積書の有効期限は1か月となります。
  • ・防草シートはサービスといたします。明日葉種植え付けはサービス。
  • ・パワコンは1台当たり5万円にて10年保証に加入いただけます。

お問い合わせ・説明会ご予約フォーム

下記フォームにご入力の上、確認画面へ進むをクリックしてください

株式会社サンパワーについて


お問い合わせTEL:06-6386-3688

太陽光発電と植物工場を手掛ける、株式会社サンパワー(所在地:〒564-0051大阪府吹田市豊津町9-1パシフィッ クマークス江坂3F、代表取締役:山本昭彦)は、太陽光発電を利用した明日葉ファーム(鹿児島県南九州市) 2017年12月20日(但し明日葉の種植は来春予定)より1区画2500万円にて3区画販売を開始いたします。 太陽光発電の下で栄養価の高い明日葉の種を植え実験を考えています。土地の二重活用で栄養価の高い明日葉栽 培に加え売電収入、安定生産可能なので健全な経営 、また「環境」「医療「食(農業)」の課題に貢献できるものと考えております。

本 社 〒564-0051 大阪府吹田市豊津町9-1パシフィックマークス江坂3F
代表者 代表取締役 山本昭彦
設 立 1997年4月25日
資本金 1,000万円
Tel 06-6386-3688
Fax 06-6386-3619
URL 株式会社サンパワーのHP http://www.sunpower.co.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/sunpowerfarm/?fref=ts
事業内容 太陽光発電設備設置及び運営
植物工場建設及び運営
大阪府知事許可(般-26)第113318号 建築工事業 電気工事業 屋根工事業
工事実績 家庭用ソーラー設置 約2000件