ホーム

 

自分で作った電気を自分で使う時代:自家消費

売電から自家消費の時代へ

電力の自家消費とは、自社の工場や屋根に太陽光発電設備を作り、

発電した電気を自社の事務所や工場で使うことです。

発電して余った電力を売電するのではなく、自社内や自社の他の施設で使用することで、

会社全体のCO2排出量を削減することも可能になります。

 

 

自社消費の提案

1. 今の電気代のデマンド値を抑え、電気代のコストを下げる。

2. 屋根は半永久的にメンテナンスが不要。
  夏場の室内温度が3~5℃ほど下がる。

3. 停電が長引いても仕事ができ、さらに地域の方にも貢献できる。

4. 納入している商品は環境価値がある。

5. 税金の即時一括償却、または他の優遇税制を利用できる。

6. もし自社でしなかったら、屋根貸しができる。